当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
更新日:2016年8月17日

申告が必要な方

 その年の1月1日現在、八百津町に居住しており、下記に該当する方は申告が必要です。

  • 昨年中に所得のあった方(国民健康保険税の軽減、国民年金の保険料免除、介護保険料および後期高齢者医療保険料の軽減等の適用を受ける場合は、所得がなくても申告が必要です。)
  • 給与所得者、公的年金等受給者で

 (ア) 支払者から給与支払報告書、公的年金等支払報告書が提出されなかった方(パート等で働いている人を合む)
 (イ)給与所得、公的年金等に係る所得以外の所得(営業、農業、地代、家賃、配当、利子など)のあった方
 (ウ)源泉徴収税額が0円で、諸控除(雑損控除や医療費控除等)を受けようとする方

 (エ)公的年金受給者で、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除などを受けようとする方

 ※所得税では通常、給与所得以外の所得の合計額が20万円以下のときは、確定申告の必要はありませんが、町・県民税については申告しなければなりません。

 

申告に必要なもの

  • 申告書
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 源泉徴収票または支払者の証明(給与所得者、公的年金等受給者の方のみ)
  • 収支内訳書等収支内容のわかるもの(営業所得者の方のみ)
  • 所得控除に必要な各種領収書または証明書(医療費、生命保険料、地震保険料など昨年中に支払ったもの)
  • 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
  • 障がい者手帳等