お知らせ

お宅のブロック塀は大丈夫ですか?

 平成30年6月18日に大阪府北部で発生した地震では、小学生が倒れたブロック塀の下敷きになって亡くなられました。平成28年4月に発生した熊本地震など、過去に発生した地震においてもブロック塀の倒壊により、多数の死傷者が出ています。

 正しく施工されていないブロック塀や、老朽化したブロック塀は、地震時に倒壊して、通行人に危害を及ぼすおそれがあるだけでなく、避難・救援活動の妨げになる可能性がありますので、日ごろから所有者の責任による適切な管理が必要です。

ブロック塀点検の主なチェックポイント

気になる点が一つでもあれば、建築士などの専門家に相談しましょう。

  • 塀の高さは、地盤面から2.2メートル以下(ブロック10段程度)ですか?
  • 塀の厚さは、10センチメートル以上ですか?(塀の高さが2メートルを超え、2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)
  • 塀の長さ3.4メートル(ブロック8個程度)以下ごとに控壁(ひかえかべ)がありますか?(塀の高さが1.2メートル以下の場合は控壁がなくてもよい。)
  • コンクリートの基礎はありますか?
  • 塀が傾いていたり、ひび割れていたりしませんか?
  • 鉄筋が、縦横とも80センチメートル以下の間隔に入っていますか?

下記添付資料等を参考に、ご自宅のブロック塀を一度点検されることをおすすめします。

ブロック塀の点検のチェックポイント(PDF:188KB)

建築基準法によるブロック塀等の基準(PDF:120KB)

お問い合わせ先

中濃建築事務所 0574-25-3111(内線333)

八百津町役場 建設課 建築住宅係 0574-43-2111(内線2318)

新着情報