更新日:2018年7月24日

八百津町では、町内の空き店舗を利用して新たに事業を行おうとする方に対し、その空き店舗の回収および修繕に要した経費の一部を補助します。

対象者

以下の要件をすべて満たす方

  1. 過去に同一の補助金を受けたことがない方
  2. 補助対象者および同一世帯の方に市町村税の滞納がない方
  3. 許認可等を必要とする事業にあっては、その許認可等(営業開始日までに取得すればよい許認可等を除く)を受けている方
  4. 八百津町商工会の会員(空き店舗を活用する時点で会員になる方を含む)
  5. 八百津町暴力団排除条例に規定する暴力団員でないこと。

対象事業

以下の要件をすべて満たす事業

  1. 交付決定後、同年度3月10日までに改修等が完了し、かつ、交付額決定通知後、1年以内に店舗の開業ができる改修であること。
  2. 店舗の所有者が、その店舗の改修等をする事業でないこと。
  3. 既に町内で店舗を開業している方が、別の空き店舗に移転する改修でないこと。
  4. 補助事業者が店舗部分の改修に対し、他の補助制度を利用している事業でないこと。
  5. 事業を行う日数はおおむね週3以上、1日3時間以上の営業とし、3年以上の期間の営業が見込まれること。
  6. 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律に規定する風俗営業でないこと。

対象経費

町内の空き店舗に出店する際の建物改修費(内装工事、外装工事、給排水工事、電気工事)

建物改修費は、50万円を超えるものを対象とし、工事費に店舗以外の改修費および備品が含まれる場合は、その経費を差し引いた金額です。

補助金額

対象となる工事費等の金額に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)

ただし、100万円を限度とします。

補助金申請から交付までの流れ

補助金申請

書類を添えて提出してください。

  1. 交付申請書(様式第1号)(PDF:66KB) (Word:14KB)
  2. 誓約書(様式第2号)(PDF:58KB) (Word:15KB)
  3. 工事契約書の写しまたは、改修等に要する経費に係る見積書の写しおよび補助対象以外の部分がある場合は、経費を明確に分けるための内訳明細書
  4. 工事施工前の施工個所の図面および写真
  5. 補助対象者および同一世帯の方について、住所地の市町村税等を完納していることを明らかにする書類
  6. 空き店舗の所有および使用関係がわかる書類
  7. 住民票
  8. その他町長が必要と認める書類

交付決定の変更

交付決定通知を受けた後、申請内容の変更、中止または廃止しようとする場合、変更承認申請書を提出してください。

実績報告

交付決定通知を受けた後、事業完了後14日以内に下記の書類を添えて提出してください。

  1. 実績報告書(様式第7号)(PDF:57KB) (Word:13KB)
  2. 完成した改修内容のわかる書類(工事費内訳書および図面)
  3. 工事引渡書の写し、請求書の写しおよび支払いのわかる書類(領収書等)の写し
  4. 完成写真
  5. その他町長が必要と認める書類

交付請求

確定通知を受けた後、交付請求書(様式第9号)を提出してください。

開業届の提出

事業を開業したときは、開業後7日以内に開業届(様式第10号)を提出してください。

補助金交付要綱

  • 八百津町空き店舗再生事業補助金交付要綱(PDF:94KB)