お知らせ

さあ!人生会議しよう

人生会議(ACP)とは?

もしものときの為に、自分が望む医療やケアについて繰り返し話し合い、共有する取り組みのことをACP(アドバンス・ケア・プランニング)、通称「人生会議」と呼びます。

命の危機が迫った時でなく、前もって繰り返し話し合うことが大切です。

 

なんのために行うのでしょうか?

命の危機が迫った状態になると約7割の方が、自分の意思で今後の医療や介護を決めること、またそれらを人に伝えることができなくなるといわれています。

あなたの気持ちや価値観を前もって書き留め、伝えることで、あなたの希望を叶えることにつながります。

 

いつ行うのが良いでしょうか?

災害、不慮の事故、突然の病など、誰でもいつでも命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

元気なうちから身近な人や医療者と話し合うことが大事です。 年齢は関係ありません。今すぐ始めましょう。

 

どうやって行えば良いでしょうか?

まずは身近な人と話し合いましょう。

あなたが大切にしたいことは何ですか?この先どのように過ごしていきたいですか?

できればかかりつけ医とも共有し、話し合ったことは文章に残しましょう。

気持ちが揺れて、決められなくても構いません。

何度も更新をしながら、その時の気持ちを納得いくまで書き記していきましょう。

 

もしものときの気持ちについて伝えるカード

元気で自分の意志があるうちに、自分の想いを示しておくことで、自分の望む延命治療を、家族や知人に知ってもらうことができます。

ご家族や親しい人と一緒に話し合って、ご自分の想いを共有しておきましょう。

このカードの内容は、あなたの想いとして尊重され、もしものときの参考にしてもらいましょう。

両面記入し、切り取って保険証と一緒に財布などに入れましょう。

 

さあ!人生会議しよう リーフレット (pdf形式:641KB)

 

お問い合わせ先・配布先

八百津町地域包括支援センター

加茂郡八百津町八百津3827-1

0574-43-3267