更新日:2021年7月9日

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者を減らし、感染拡大を防止させることを目的としてワクチン接種が始まります。新型コロナワクチンの接種は、確保できるワクチンの量に限りがあることから、順次接種していきます。

接種に関する情報の詳細については、下記の首相官邸や厚生労働省のホームページを確認ください。

ワクチンに関する情報を正確に、わかりやすくお伝えします

新型コロナワクチンについてみなさまに知ってほしいこと(pdf形式:6183KB)

八百津町におきましては、4月16日に65歳以上の方へ、6月24日に64歳以下の方へ個別に以下のものを送付いたしました。

接種の対象者

新型コロナワクチンの接種対象はワクチンの種類により、12歳以上(ファイザー社製)または18歳以上(モデルナ製)の方で、国において優先順位が下記のとおりとなっています。

  1. 医療従事者
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方※1
  4. 上記以外の方

※1
高齢者施設等に従事されている方(以下、「従事者」)が接種を受けるにあたっては、接種順位の上位であることを証明する書類等を医療機関等で提示することが必要です。

そのため、高齢者施設等は、接種を希望する従事者に対し、接種順位の上位である高齢者施設等の従事者であることの「証明書」を当該従事者に発行する必要があります。

接種の時期

5月24日から高齢者の接種を開始し、7月5日から順を追ってその他のみなさまの接種を開始しています。

なお、妊娠を考えている方や妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方も、ワクチン接種を受けることができます。ワクチン接種を考える方は、主治医にご相談ください。

八百津町の接種方針

当初に国から供給されるワクチンの量に限りがあることから、岐阜県においてはクラスター予防の観点から、高齢者の中でも高齢者施設の入所者等の接種を優先する方針が示されており、八百津町においても、まずは高齢者施設の入所者等の接種から始めています。高齢者施設の入所者等以外の方については、5月24日(月曜日)からワクチン接種を実施しています。

接種場所

原則として、住民票所在地で接種を受けることになっています。なお、単身赴任・長期入院・入所・学生等の方で住民票のある市町村での接種が困難な場合は、滞在先での接種が認められる場合があります。

個別接種医療機関 

医療機関 所在地       
 伊佐治医院  伊岐津志1518番地
 粕谷医院  八百津3278番地1
 佐藤クリニック  八百津4228番地4

和知すこやかクリニック

※64歳以下のワクチン接種から追加

 和知1032番地52

集団接種会場

接種会場 所在地 
 八百津町ファミリーセンター  八百津3827番地1
 粕谷医院久田見分院  久田見2504番地2

65歳以上の方を対象とした集団接種の予約枠は終了となりました。

65歳以上の方の接種予約につきましては、ワクチン接種予約コールセンター 電話 43-8200 にて受付いたします。

詳しくは、八百津町役場 健康福祉課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 0574-43-2111(内線2800・2801)へお問い合わせください。

なお、キャンセル待ち登録者のみなさまに連絡がとれない時や、接種当日にキャンセルが発生した時などは、居宅サービス従事者や障がい者支援施設従事者、接種従事者等で対応することとしますのでご理解をお願いします。

接種を受けるために

下記の方法で接種を受けてください。

  1. 町から接種券、予診票、接種の案内が入った封筒が届きます。
  2. 案内に従い、接種の予約をします。
  3. 予約した日時に接種会場(医療機関等)で接種を受けます。

※現在承認されている2種類のワクチンは2回の接種が必要です。通常、1回目の接種からファイザー社のワクチンは3週間後に、モデルナ社のワクチンは4週間後に2回目の接種を受けます。1回目から既定の週数を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

新型コロナワクチン接種予約について

令和3年6月末現在、7月以降のワクチン供給量については町が希望する量の半分以下の見込みです。従って、64歳以下の方への接種時期については、接種券に同封のご案内のとおりに進まない予測であり、ワクチン供給量に合わせて接種計画を立ててまいりますので、一時的に接種予約受付を停止することがあります。

また、7月12日(月曜日)からのインターネット予約について、予約方法を変更します。

【1回目の予約】

みなさまに行っていただく予約は、1回目の接種予約です。

予約の確認は、予約完了後、マイペイージで確認してください。マイページに予約内容が表示されない場合は、予約が完了していません。再度、予約操作を行ってください。

【2回目の予約について】

2回目の予約はみなさまで予約をしていただく必要はありません。八百津町コールセンターで予約を行います。

2回目の接種日は、1回目接種から3週間(21日)後の同じ曜日、同じ時間、同じ医療機関となります。(祝日等によりずれる場合があります)

 (例) 1回目の接種:7月29日(木曜日)9時~10時 伊佐治医院

    2回目の接種:8月19日(木曜日)9時~10時 伊佐治病院

2回目の予約確認は、1回目の接種後マイページでご確認ください。

 (2回目の登録には、1週間ほど時間がかかります)

【予約変更・キャンセル】

予約をキャンセルする場合は、予約日の5日前まで可能です。予約を変更される場合は、1回目の予約をキャンセルし、再度1回目の予約を行ってください。予約の変更ができない場合は、八百津町コールセンター 0574-43-8300 までご連絡ください。

接種当日のキャンセルは、接種される医療機関にご連絡ください。

1回目をキャンセルすると2回目もキャンセルとなります。

接種対象となるみなさまには大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますよう何卒お願い申し上げます。

新型コロナウイルスのワクチンについて

現在薬事承認されているワクチンは、ファイザー社とモデルナ社のワクチンです。

新型コロナウイルスワクチンの情報は、下記の外部リンクを確認ください。

厚生労働省(ファイザー社の新型コロナワクチンについて)

厚生労働省(モデルナ社の新型コロナワクチンについて)

接種を受ける際の費用

無料で接種を受けることができます。

接種を受ける際の同意

強制ではありません。新型コロナウイルスワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、同意がある場合に限り接種を行うことになります。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では副反応による健康被害が極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

制度内容の詳細は、下記の外部リンクを確認ください。

厚生労働省(予防接種健康被害救済制度)

ワクチン接種を口実とする不審な電話に注意

新型コロナウイルスワクチン接種に関する特殊詐欺につながる不審な電話が確認されています。

下記のことに注意しましょう。

ワクチン接種は無料です。

ワクチンの予約に、費用はかかりません。

不審な電話を受けたときは、すぐに切りましょう。

相談窓口

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時から21時まで

岐阜県の電話相談窓口

電話番号:058-272-8222

受付時間:9時から21時まで

更新日:2021年7月26日

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請のご案内

海外渡航先入国時の防疫措置緩和等のため、予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します。

申請手続の前にお読みください

当面の間、予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行は、防疫措置緩和等が認められる国や地域へ、実際に海外渡航予定のある方が対象です。

※国内で接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証(pdf形式:74KB)」または「接種記録書(pdf形式:37KB)」をご利用ください。

また、渡航予定の国における新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の有効性について、外務省ホームページに公開されている情報や、渡航先国の駐日外国公館等にご確認いただき、申請の必要性をご判断ください。防疫措置緩和等が認められる国や地域に限って申請していただくようお願いします。

 新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧

申請受付開始日

令和3年7月26日(月曜日)から申請受付

※即日発行はできません。

※申込書の受理から発行までは2週間前後いただく場合があります。

接種事実の確認が困難な場合には、それより長くお時間をいただく場合があります。

申請方法

窓口または郵送にて申請書と必要書類をご提出いただき、後日郵送により書面交付させていただきます。

【申請先・郵送宛先】
 〒505-0301 岐阜県加茂郡八百津町八百津3827番地1 
  八百津町役場 健康福祉課(保健センター) 
  新型コロナウイルスワクチン接種対策室

 (窓口は年末年始・土曜日・日曜日・祝日を除く平日8時30分から17時15分まで)

  ※役場本庁舎・出張所では申請受付はできません、予めご承知おきください。

申請書類について

次の書類をご提出ください。(写しについては返却いたしません)

(1)交付申請書(xlsx形式:18KB)

    交付申請書(pdf形式:46KB)

(2)旅券(パスポート)の写し(渡航予定時点で有効なもの)

 顔写真がついているページを複写してください。
 (記載の訂正がある場合、そのページの複写も必要です)

 ※有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定があれば、更新した旅券をご提出ください(旅券の更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、旅券の更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります)。

(3)接種履歴が確認できる書類(以下のいずれか1つ)

 ア.一般の方
  接種済証(接種券全体)の写し(※)(見本)接種済証(pdf形式:74KB)

  ※3列構成で、左・中央部分に接種券シールがあり、右側部分が新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)と なっております。

 イ.医療従事者等(町から送られてきた接種券を使わないで接種した方)
  接種記録書の写し (見本)接種記録書(pdf形式:37KB)

(4)本人確認書類の写し(住民票上の住所の記載されたもの)
  運転免許証、健康保険証等 
  ※住民票上の住所の記載があれば旅券でも可。この場合、旅券の住所が記載されているページも添付してください。

(5)返信用封筒 ※宛名・返送先住所(本人確認書類に記載の住所)の記載および切手の貼付をお願いいたします。
  返信用封筒を用いて、新型コロナワクチン接種証明書としてA4用紙一枚を返信しますので、25g以内の定型郵便(郵便局ホームページ外部リンクを参照してください)として、必要料金分の切手を貼付ください。

【場合によって必要な書類】

(6)旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)
  旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など。

(7)委任状および受任者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)(本人以外が代理で申請する場合のみ)

委任状(doc形式:34KB)

委任状(pdf形式:57KB)

その他(発行の対象)

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症の予防接種を受けた方を対象に発行します。
したがって、国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象になりません(※)。
※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

なお、他の自治体等が発行した接種券で接種を受けた場合は、接種券を発行した自治体へ申請してください。

 ⦁ 厚生労働省ホームページ(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について)外部リンク
 ⦁ 外務省海外安全ホームページ外部リンク

接種証明書の意義などの制度全般に関するお問合せ先

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンコールセンターへお問合わせください。
電話番号  0120-761-770

ワクチン接種キャンセル待ち登録フォーム

市町村コード
市町村コードを入力してください。八百津町【215058】
接種券番号
接種券に記載されている10ケタの券番号を入力してください。
生年月日
西暦
氏名(カナ)
電話番号
日中に出られる番号を入力してください。
職業 ※任意
同意事項
以下の事項に同意の上、送信確認ボタンを押してください。
同意事項