お知らせ

乳がん検診と新型コロナワクチン接種との間隔についてのお知らせ

乳がん検診と新型コロナワクチン接種との間隔について

 日本乳癌検診学会から、乳がん検診は新型コロナワクチン接種前か、2回目ワクチン接種後少なくとも6~10週間の間隔をおいて受けることが推奨されています。日程調整が可能な方は、乳がん検診の予約の調整をお勧めします。

 なお、推奨しない時期においても受診いただくことは可能ですが、ワクチン接種歴や接種部位に関して検診医療機関にお伝えください。

日本乳癌検診学会(手引き)

新着情報