更新日:2020年3月23日

ここでは、協働のまちづくり事業補助金制度を活用して行われている協働のまちづくり事業を紹介します。

これらの事業を参考に、みなさんも新たな協働のまちづくり事業に参加したり、実施したりしてみませんか?

興味のある方は、お気軽に地域振興課地域振興係へご連絡ください。

協働のまちづくり補助金活用事業一覧

ハード事業紹介

八百津町は平成28年度より、一般財団法人民間都市開発推進機構からの拠出金を活用し、これまでのまちづくり事業に加え、施設等の整備事業の支援を行っています。

房姫桜周辺散策道整備事業(平成28年度事業)

房姫桜散策道

事業実施主体

房姫桜保存会(房姫桜を守る会)

施設等の所在地

八百津町久田見野黒地内(房姫桜周辺)

事業概要

町の天然記念物「房姫桜(ヤマザクラ)」を地域の宝として後世に伝えていけるよう保全活動を行うと共に、人々が訪れる名所・憩いの場となるよう、房姫桜周辺の環境整備を実施。今回補助金を活用し、房姫桜への侵入路の整備や、周辺の立木の伐採、小道の改良、新たな道路の新設等により、房姫桜周辺を巡回できる散策道を整備。

補助金交付額

451,000円

事業期間

平成28年7月15日から平成28年9月27日まで

いろどりむら構想施設整備事業(平成28年度事業)

いろどりの家

事業実施主体

福地そばの会

施設等の所在地

八百津町福地蔵橋地内

事業概要

過疎地域において地域の活性化のために、「福地いろどりむら」として、古くから受け継がれてきた暮らしを体験できる施設を建設。子どもやその親たちが田舎に集い、先人の文化・技術を継承する教育・体験の場を提供する。また、移住定住の促進を目的に田舎暮らしを体験できるモデルハウスを建設。今回補助金を活用し、炭焼き施設、移住体験モデルハウス(いろどりの家)を整備。

補助金交付額

4,250,000円

事業期間

平成28年9月1日から平成29年3月31日まで

十日神楽空き家改修事業(平成29年度事業)

ゲストハウス山王

事業実施主体

潮南のまちづくり

施設等の所在地

八百津町潮見676(十日神楽)

事業概要

人口減少と高齢化が進行している中山間地域において「地域に賑わいを創りだす」ことを目指し、移住希望者へ移住あっせんや地元の施設開設等に関わり地域の生きがいを生み出している。今回補助金を活用し、地区内で空き家となっている古民家を利活用しゲストハウスとして整備。今後は整備したゲストハウスで潮南地区ならではの体験や食の提供を行い、都市住民を呼び込むことで田園回帰の関心を高め、移住定住を促進すると共に、地域住民も積極的に利用してもらうことで、コミュニティーの再生をはかっていく。

補助金交付額

4,902,000円

事業期間

平成29年11月20日から平成30年3月30日まで

いろどりむら構想施設整備事業(平成29年度事業)

いろどりむらトイレ、調理小屋

事業実施主体

福地そばの会

施設等の所在地

八百津町福地蔵橋地内

事業概要

福地いろどりむら構想により、いろどりむらの施設拡充を実施。今回補助金を活用し、いろどりむらの野外トイレ、野外調理小屋を整備。今後は、昨年度整備した移住体験モデルハウスや炭焼き施設、今年度整備した施設を有効活用し、今後も地域の活性化をはかるため、都市住民との交流イベントを企画すると共に、田舎暮らしを体験してもらい都市住民が移住定住できるような方策を検討していく。

補助金交付額

5,000,000円

事業期間

平成29年10月18日から平成30年3月16日まで

山田屋プロジェクト施設整備事業(令和2年度事業)

yamadaya

事業実施主体

あおやぎ会

施設等の所在地

八百津町久田見2831

事業概要

古くから地元住民に愛されており、現在は空き家となっている「山田屋」の耐震補強と景観整備を行い、久田見の名所として地元住民が気軽に利用できる施設にリノベーションを実施。 地元の特産品の販売や久田見糸きりからくり祭りなど、町内外の方に久田見地域の魅力や文化を発信しながら、地域活性化につながる活動の拠点施設として利用していく。

補助金交付額

5,000,000円

事業期間

令和2年6月10日から令和3年2月28日まで

 

詳細は、地域振興課地域振興係までお問い合わせください。