更新日:2018年3月23日

伐採および伐採後の造林届出

立木を伐採するときは、事前に「伐採届」を提出する義務になっています。

なぜ伐採届が必要なのか

「伐採および伐採後の造林届出」は、森林の伐採および伐採後の造林が市町村森林整備計画に適合して適切に行われ、健全で豊かな森林を作るために提出していただくものです。

対象となる森林

県が策定する地域森林計画の対象となっている森林です。

保安林または保安施設地区、1ha(ヘクタール)を超える開発行為の場合は、別の手続きが必要となります。

届出をする人

  • 森林所有者が自ら伐採する場合や他者に作業を請け負わせて伐採する場合は、森林所有者が届け出ます。
  • 伐採業者等が森林所有者から山林の立木を買い受けて伐採する場合は、買い受けた人が届け出ます。
    ただし、伐採する者が伐採後の造林に係る権限を有しない場合は、伐採する者と当該権限を有する者との連名で届け出ます。

提出時期と提出先

伐採を始める90日~30日前までに 役場3階農林課林業振興係へ提出してください。

様式名 Word形式 PDF形式
伐採・伐採後の造林の届出書(様式) (Word:53.5KB) (PDF:68.7KB)