当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
更新日:2017年8月2日

手続概要

e-Taxを利用して所得税の確定申告や個人事業者の消費税等、官公庁などへの電子申告に必要な「電子証明書」を交付する公的個人認証サービスを利用するには、住民登録のある市町村で個人番号カードを作成し、カードの中に電子証明書を記録する申請が必要です。

手続きに必要なもの

個人番号カードをお持ちの方

個人番号カード、暗証番号のわかるものを持参して申請してください。

個人番号カードをお持ちでない方   

個人番号カードの申請をしていただきます。
「個人番号カード」のページをご覧ください。)

手数料

  200円

留意事項

  • 電子証明書の有効期間は新規発行(更新)手続の日から起算して5年間です。
  • 失効した場合には、国税の電子申告などの電子申請・届出に使うことができなくなります。
  • 電子証明書の有効期間(5年間)と個人番号カードの有効期間(10年間)は異なっていますので、ご注意ください。

※公的個人認証についての詳細は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のホームページをご覧ください。

公的個人認証サービスポータルサイト