更新日:2021年11月9日

農地中間管理事業

農地中間管理事業とは、都道府県に一つ設置される「農地中間管理機構」が、農地の受け皿となり、機構が借り受けた農地を担い手へまとまりのある形で農地を利用できるよう配置し、貸し付けを行う事業です。

岐阜県においては、一般社団法人岐阜県農畜産公社が「農地中間管理機構」の指定を受けています。

農地中間管理事業の仕組み

  1. 農地の借受希望者(受け手)を募集し、受け手リストを作成します。
  2. 農地の貸付希望者(出し手)を募集し、貸付希望農地リストを作成します。
  3. 受け手・出し手の情報をマッチングします。
  4. 受け手への貸付が見込める農地を借受けします。
  5. 受け手がまとまりのある形で利用できるよう配慮し、貸付けます。

受け手と出し手のメリット・募集

受け手のメリット

  • 出し手と個別に交渉する必要がありません。
  • 契約更新や賃料の支払いが一度にできます。

出し手のメリット

  • 受け手を探し、交渉する必要がなく、賃料のやりとりなどの手間も減らせます。
  • 公的な機関なので安心して農地を預けることができます。

受け手(農地の借受希望者)の募集

  • 募集は、地域の特徴や担い手の状況などを踏まえ設定する区域(市町村や大字など)ごとに、随時実施しています。
  • 受け手の応募は、機構または地域窓口(市町村・JA)で受付けます。

出し手(農地の貸付希望者)の募集

  • 受け手の応募状況などを踏まえ、出し手の募集を行います。
  • 出し手の応募は、地域窓口(市町村・JA)で受付けします。

農地の貸し借りの基準・ルール

  • 利用が著しく困難な遊休農地や、受け手が見込まれない農地は借受できない場合があります。
  • 契約期間は、概ね10年以上が基本となりますが、希望する場合には概ね5年まで短縮することができます。
  • 農地の貸付先(受け手)の決定は、機構へ一任いただきます。
  • 貸付先の決定に当たっては、現在経営している農地との位置関係、借受希望条件との適合性、地域農業の発展に資する程度、その他の配慮事項などにより優先順位を付け、受け手と協議のうえ決定します。
  • 貸し借りした農地は、「農地中間管理機構関連農地整備事業」が実施される可能性があります。

その他

農地中間管理事業の詳細は、一般社団法人岐阜県農畜産公社の農地中間管理機構専用ウェブページよりご覧ください。

ぎふアグリチャレンジ支援センター農地中間管理機構(外部リンク)