当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

外国人と婚姻した日本人配偶者が、その氏を外国人配偶者の称している氏に変更しようとする場合は、その婚姻の日から6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ることなく、氏の変更をすることができる届け出です。

変更できる外国人配偶者の氏

婚姻をした外国人の称している氏に自己の氏を変更する場合のみ

(外国人配偶者の氏は日本人の身分事項に記載されている氏のみ)

届出人

外国人と婚姻した人

届出地

氏を変更する人の本籍地、届出人の住所地、所在地のうちいずれか一つ

届出期間     

婚姻の日から6か月以内

必要なもの 

  • 戸籍全部事項証明書または戸籍謄本(八百津町に本籍がない場合)
  • 届出人の印鑑
  • 届出人の本人確認ができるもの(有効な運転免許証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード(顔写真付き)、在留カードなど、官公署の発行した顔写真付きの身分証明書をお持ちください。)