更新日:2018年2月1日

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります。

次世代育成支援をするために、国民年金第1号被保険者が出産した場合、出産前後の一定期間の国民年金保険料について免除を受けることができます。

対象となる方

「国民年金第1号被保険者」であって、出産日が平成31年2月1日以降の方

受付開始日

平成31年4月1日から

それ以降は、出産予定日の6か月前から申請受付

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(免除された期間は保険料を納付した期間と同じように扱われる)

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除される

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含む)

申請書

平成31年4月から日本年金機構ホームページから届出用紙や記入例をダウンロードできるほか、4月から町民課医療年金係においても取得できる

受付窓口

役場1階町民課医療年金係

持参するもの

  • 年金手帳
  • 個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カード
  • 官公署の発行した顔写真付きの身分証明書    
  • 認印(朱肉を使う印鑑は可、シャチハタ印は不可)
  • 母子健康手帳(出産前に申請する場合)

ただし、被保険者と子が別世帯の場合は、出生証明書など出産日および親子関係を明らかにする書類