当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

 

一度病院で全額自己負担したときは

以下のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、その後、国民健康保険の窓口へ申請し、審査で決定すれば、自己負担分を除いた額があとで支給されます。

対象となる場合

  • やむを得ず被保険者証を持たずに治療を受けたとき
  • 生血を輸血したとき
  • コルセットなどの補装具を装着したとき
  • 医師の同意または指示で、はり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき
  • 骨折やねんざなどで柔道整復師の施術を受けたとき
    ※柔道整復師によって、一部負担金の支払いだけで残りを国民健康保険が支払う場合もあります。
  • 海外渡航中に治療を受けたとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 病院等の領収書
  • 治療内容の明細書
  • 銀行預金等の口座番号のわかるもの
  • 補装具等は医師の意見書および同意書 

※手続きにより必要書類が異なりますので、詳細につきましてはお問い合わせください。

申請様式