当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

医療機関にかかるとき

 国民健康保険の加入者のみなさんが、医療機関にかかるときに保険証を提示すれば、保険適用の治療に関しては医療費の一部(1~3割)で治療が受けられます。(保険適用外の治療に関しては保険証は使えません。)

各年齢での負担割合は表のとおりです。

出生~義務教育就学前

義務教育就学後~70歳未満

70~74歳

2割

3割

1割、2割(※1)

3割(※2)

 ※1
 昭和19年4月1日以前に生まれた方・・・1割
 昭和19年4月2日以降に生まれた方・・・2割

 ※2
 現役並み所得者(高額療養費制度のページをご覧ください。)

 

 なお、70歳から74歳までの方には、国民健康保険の被保険者証とは別に、自己負担の割合(1割、2割または3割)を示す「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。忘れずに被保険者証と一緒に医療機関等へ提示してください。

 また、一部負担金に関して、0歳児~15歳(中学3年生卒業まで)のお子様、所定の障害者手帳をお持ちの方、母子・父子家庭の方に関して八百津町から助成を行っておりますので、以下のページをご覧ください。